スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“お届けする”と言う事。
東京、国立の小さな花屋から、
皆さまのお陰でほぼ全国にあお空のお花を
お届けいたしております。
“お届けする”と言う事。
あお空が開店したころから、
宅配便業者様の競争が激化し、配達速度とサービスが向上するとともに
価格競争も過熱していた気がします。
今思いますと、その時の付けが、ここで出て来ているような…

この頃から、本州内は翌日に届く範囲が増え、
お客様からの地方発送の注文にあお空、迷わず受けておりました。
ただ、人間が運ぶもの、絶対は無いと言う事も少しづつ勉強させられました。
I様アレンジメント 直接お届け。
午後に発送した商品が、梱包に水濡れがあると理由で
その日の夜に当店に戻ってきてしまい、
翌朝、都心まで直接配達に行ったこと。
2011.03.11
大震災で物流が止まり、荷物の所在が不明に。
指定日を1週間ほど過ぎたころに先方様にお届けされたのですが、
原形を留めない形で届いてしまったこと。

それでも私たちが聞いた事も、行った事も無いところまで
あお空のお花がお届けされている事に、
宅配業者様には感謝の思いでいっぱいです。
色々な理由から業者さんは変わりましたが、
全国の宅配業者の皆様、
あお空に代わって商品をお届けいただき、
誠にありがとうございます。
梱包に水濡れで、直接お届けに伺った商品を
ご注文いただきました国立市のI様。
水濡れの原因が宅配業様の事故なのに、
私たちが直接お届けに伺った事にとても感動され、
現在もあお空を利用していただいております。
時には、色々な助言をして下さるI様、
お陰で、少しづつ成長出来たと思っております。
いつもご利用いただき、ありがとうございます。

そして、この宅配を支えていただいてます段ボール箱。
茶色い箱でお届けしてました。
昭島段ボール工業株式会社さま、いつもありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。