スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さくら、さく?
うっすら、
国立地方、今朝はうっすら積雪が!
ちょっと油断していたので驚きました。
都心や千葉方面はしっかり積もった様で…
まだまだ寒さ続くようですので、
お足元などくれぐれもお気を付けて。

この寒さの中、かなり早い入荷です。
啓翁桜 蕾
季節飛び越え、桜の切り枝入荷しました。
品種は“啓翁桜”。
現在の生産量は山形県が一番な為、
てっきり山形県で作出された品種と思っていましたが、
昭和5年に福岡県久留米市の良永啓太郎さんが作出したようです。
(“支那桜桃”と“彼岸桜”との交配で出来たようです)

今回入荷理由は、桃の節句の頃に発行予定の
冊子の写真撮影の為。
桃の切り枝は残念ながらまだ出荷されておらず
急遽、桜を仕入れました。
しかし、この寒さで蕾はやっと色が出た程度…
果たして、撮影は上手く行ったのでしょうか?

ちなみに、桜を納品した土曜日は、
満月でした。
今年最初の満月の綺麗な日でした。
そして、お客様から頂きました、
お月様??
丸いもの、二種類。
ご馳走様でした。
ちなみに色つながりで黄色いお花、
まんさくの花
万作の花が、店内で楚々と咲いています。
「春一番に先ず咲く」や
黄色い花が株全体に咲いて目出度い感じから「豊年満作」の
満作から付けられたとも。

ちなみに、“まんさくの花”と聞いて、
「横手」と言えば、
「かまくら」が有名な横手市の
NHK連続テレビ小説
日の丸醸造株式会社などを
連想してしまうのは…


ちなみにこの方、横手市出身だそうです。
高橋 優さん。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。