スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あざむく。
歴史的な大震災から半月ちょっと。
不安要素はかなりあるのですが、
国立地方、やっと落ち着きを取り戻してきた感じがあります。
それでも二転三転する報道に右往左往。
果たして何を信じて良いのか分からなくなります。

こんな状況で本日、この様な事が起きました。
騙されたけど・・・
数日前にお店に顔を出した中年の男性。
「お花、配達してくれるの?」と声をかけ、
その日はそのままどこかに歩いていきました。
本日、「先日お店に顔出した者だけど、
近いところだけど至急お花、配達してくれる?」との電話。
あお空の近所のマンションだったので、注文をお受けしました。
急いでお作りしてそのマンションへ向かう途中
注文をした男性が、携帯電話で話しながらこちらに向かってきました。
「届け先に妻がいるが、妻は一万円札しか持ってない。
俺はこれから出かけるのだけど財布を見たらお金が入って無くて。
先にお釣り、いただけるかな?」との事。
何となく不審に思い、お釣りは渡さず、お届け先に行って見たところ、
注文者の名前の部屋はあったものの、実際在宅していたのは
一人暮らしの年配の女性。
「今は私には家族はいません」とその女性。やられた!と思いました。
急いで注文時に聞いた電話番号へかけなおすと、
たどたどしい女性の声で、「私はその方(注文いただいた名前)は知りません」。
但し、何か言わされているような不自然な電話の対応でした。

結局のところあお空の被害はこの行き先を失ったお花が一つ。
お釣り銭を渡さなかったので大きな被害は無かったのですが、
なんとも腑に落ちない気持ちが…
こんな時でも人を欺いて生きている人たちがいるようです。
皆さま、どんな時でも冷静さを忘れずに。

(今週の火曜3/29は、定休いたします)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。