スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤色の意味は?
週明けには霜月も晦日と言うのに、日中は、ぽかぽか陽気。
暦と季節が“ずれ”ていますね。
この“ずれ”、大体の場合は一年の間で調整されるらしいのですが、
今年は何処で調整されるのでしょうか?

暦に合わせて、ぼちぼち準備は始めています。
20091127000110

日本のクリスマスには欠かせない赤い実物“山帰来”入荷しました。
クリスマスカラーの一つ「赤色」。
キリストが民衆を救う為に流された血の色と言われていますが、
クリスマス以前から行われていた古代ローマのお祭り
“太陽神の誕生祭”から、太陽の炎の色と言う説も。
どちらにしても、この「赤色」、空気が冷たくなると、さらに映えますね。

ちなみに“山帰来”の名前の由来ですが、
その昔、中国で不治の病に罹った者が、山をさまよった時に、
偶然見付けた赤い実を食べたところ、その病が治り
山から帰ってきたという話があるようです。
実際に、中国に自生している山帰来の根には薬効があり、
(日本に自生している山帰来は同属別種のようです)
漢方薬として利用されているとの事。

残念ながら画像の山帰来にはそこまでの薬効は無いですが、
隠れた力のあるこの赤い実。
年末年始、皆さまの玄関先を飾っていただければと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。