スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏、到来。
今年はなかなか梅雨が明けず、7月下旬には雷と大雨。
大雨07.07

8月の声を聞いたところでやっと夏らしい天気になりました。
やっと夏空と思ったら、市場にはもう秋のお花が出回り始めています。
ワレモコウ

イメージ的には秋のお花の“吾亦紅”
実は東京では7月から咲き始めています。
(姫吾亦紅の鉢植えは6~7月には出回ります)

この吾亦紅、バラ科ワレモコウ属の植物。
根っこにはタンニンを含み、漢方では止血剤として
使用されるようです。
また、ハーブの一つ“サラダバーネット(オランダワレモコウ)”も
吾亦紅の仲間です。
こちらは若葉をサラダに。キュウリのような香りがあります。
(※現在サラダバーネットの苗は欠品中です※)

今年初入荷の吾亦紅。実はこの時期の方が、
花の部分が綺麗な場合が多いです。
(但し、葉は紅葉していませんが…)
8/8の立秋を前に一足早く秋の雰囲気を。
ちなみに今年もあお空には夏の使者たちがやって来ています。
カブトムシ

毎年、武蔵野の森が残る一橋大学の構内から
カブトムシやクワガタ、セミなどがあお空に迷い込んできます。
今年は今日のところセミ以外は来店(?)しました。

ちなみに画像の立派なカブトムシくんは、とある植木の生産者さんから
譲って頂いたもの。
市内の商店街の夏祭りで子供用の景品として
かなりの数のカブトムシくんを提供していただきました。
上手に育てると1ヶ月以上は生き続けるカブトムシ。
せめて夏休みが終わるまでは元気に育てて欲しいです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
キュウリの香りのする葉はビタミンC、タンニンなどを含み、古くからサラダ、スーブなどの風味づけなどに利用されてきました。生育期に茂った若葉を摘み取って使います。【料理】若葉はサラダに散らします。キュウリの香りの清涼感は冷たい飲み物に合います。(栽培ポイント
2007/08/15(水) 13:47:19 | ハーブが最高によかった
Lemon Verbena高さ3~4mになる。緑の若い茎は四角いが、古枝は淡褐色になり丸みを帯びる。さわやかなレモンの香りのする葉は、革質で葉脈に沿って波打ち、3~4個が輪生する。白色または淡桃色の小花を、茎頂にまばらな円錐花序につける。葉は料理の香りづけ、鎮静作用のあ...
2007/09/17(月) 06:15:53 | ハーブが最高によかった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。